agoagoking’s blog

人生を謳歌していく

車いじりをしてみたい人必見!初めてでも簡単に出来ること3選

車, 車両, フォード, クラシック, 自動車, レトロ, ビンテージ, 米国

 

 

免許を取得して車を購入、又は譲り受けるなどして

初めてのドライブは本当に楽しいですよね!

 

段々と乗り慣れてきた頃に

一部の人が考える事があります。

 

それは、

なんかしらいじってみたいと(笑)

 

これからの相棒となるわけですから

自分色に染めたくなるものです。

 

 

そして初めに大体の方やるであろう内容と言えば、

芳香剤を置いてみたり、

ハンドルカバーをつけたり、

簡易机をつけたり、

 

車内で出来ることをやるのが主流だと思います。

 

それでもまだ足りないと思う方に向けて

初心者でも簡単に出来る部分を紹介していこうと思います。

 

 

 

目次

ルームランプ

まずはルームランプです!

 

細いマイナスドライバーがあれば

誰でも簡単に取り外しができます。

 

元が蛍光色などで気に入らない方は

LEDに変えてみるなどしてみると

車内の雰囲気が変わる事間違いなしです。

 

*注意点としては、

力任せに無理やり外してしまうと

割れたり、傷つく可能性があるので

なるべく丁寧に開けてあげてくださいね。

 

それと車種によって形状が違ったりするので

型番を調べるか、一度はずして確認をしてから

購入をするようにしてください。

 

 

 

ヘッドライト・スモールライト

 

車種によってやり方が異なりますが、

ボンネットを開けて覗いて見てください

 

手が入りそうであればそこから作業が出来ますし、

無理そうであれば、バンパーのネジとクリップの

位置を確認して外していくだけで、

ライトの部分が取れますので、後は線を抜き

防水?のカバーを外せば取り換えることができます!

 

ハロゲンの蛍光色からLEDやHIDに変えて

一気に見やすくなる事間違いなしです!

 

 

*注意点としては、

取り外しの際にネジの紛失、付忘れ

断線、バンパー割れに注意して作業を行って下さい。

 

雪が降る地域などではLEDに変えてしまうと

ライト部分に熱がこもりにくくなるので、

HIDなどにすることをおすすめします。

 

あと形状が異なりますので

車種の型番を確認してから購入してください。

 

 

ラクション・ホーン

 

ボンネットを開けて、手が入りそうであれば

そのままで作業出来ますし、

無理そうであれば、バンパーを外すだけなので

初心者でも簡単に取り換えが可能です。

 

最寄りのカー用品店に行き

音を聞いて自分の音色を見つけてください!

 

 

*注意点としては、

純正のホーンは大体1つなので

2個入っているのを購入した際に

取り付け場所の確保が必要な事です。

 

もしかするとヒューズが飛ぶ可能性があるので、

もし飛んでしまった場合は、大半は助手席の

ダッシュボードの下にヒューズボックスがあるので、

車の説明書を見てホーンのヒューズを取り換えてください。

ヒューズはカー用品店にありますので焦らず購入しましょう。

 

 

まとめ

 

まぁ今時の車は

元から白色の明るいライトなどが付いてますから

わざわざ自分でさわる必要はないと思いますが、

自分で何かいじってみたい方は

比較的に簡単で誰でも出来る作業なので

参考までにやってみてはいかがでしょうか?

 

作業のやり方などを見たい方は

みんカラってサイトがありますから

そちらをチェックしてみてください。

minkara.carview.co.jp